アメリカESTA申請に関するFAQ | アメリカESTA申請代行 | クリエイト・エム

クリエイト・エム株式会社

03-6407-8705営業時間:10:00∼17:00 定休日:土▫日曜日▫祝祭日

トップ > アメリカESTAに関するFAQ

アメリカESTAの申請(登録)代行に関するFAQ

日本国籍の方のアメリカへの観光▪商用▪通過目的で入国に際してはETA事前取得が必要です

早い! 安心! 安い!

¥ 2 , 7 0 0 ( / 1 ) ★出発7日前(金曜日▪土曜日▪日曜日▪祝日を除く)まで受付▪緊急追加料金なし★

 ✱アメリカESTA申請(登録)代行に関するFAQ?✱

お客様からお寄せいただくご質問と回答例です。手続きをよりスムーズに行うためお問い合わせ前にご一読いただきお役立てください。

Q1. グアム▪サイパンに行く場合はアメリカESTAの事前申請が必要 ?

A1. 新グアム▪北マリアナ諸島連邦ビザ免除プログラムを利用してグアム、サイパンに渡航する場合は、アメリカESTAの申請は不要です。新グアム▪北マリアナ諸島連邦ビザ免除プログラム:日本など特定の国籍の人が短期商用▪観光目的での渡航予定で、同プログラムを利用して入国する場合は最大45日滞在が可能です。詳しくは、アメリカ大使館公式サイトをご確認ください。 ››› アメリカ大使館サイト

Q2. 陸路でカナダやメキシコから入国する予定ですが、ESTAによる申請は必要 ?

A2. 不要です。最初に陸路でアメリカへ入国する場合は、ESTAによる渡航認証の申請▪取得は不要です。 ››› アメリカ大使館サイト

Q3. ESTAによる申請から認証されるまでに、どのくらいの時間が必要か ?

A3. ESTAによる渡航認証申請後、例外を除き即座に判定されます。回答には、「認証」、「保留」、「拒否」の3種類あります。

Q4. ESTAによる渡航認証の有効期限はいつまでか ?

A4. 認証取得の日から2年間有効です。ただし、パスポートの残存期間が2年未満の場合は、パスポートの有効期限までとなります。

Q5. すでにESTAに所持している場合、再登録が必要か ?

 A5. 再取得はESTAの有効期限、もしくはパスポートの有効期限のどちらかが切れる前日まで必要ありません。2010年9月8日以降に取得済みの「ESTAの有効期限が切れた場合」、「パスポートの有効期限が切れた場合」、「新しいパスポートを取得した場合」は、ESTAを再取得し、費用を支払う事になります。

Q6. 自身のESTA登録状況の確認はできるか ?

A6. できます。ESTA公式ウエブサイトトップページ右側に申請番号、生年月日、パスポート番号を入力することによって検索することが可能です。

Q7. 自身のESTA申請番号を忘れた。確認はできるか ?

A7. 2010年9月8日より確認ができるようになりました。ESTAウエブサイトトップページ右下の「申請番号を紛失した場合は、ここをクリックしてください𞁹をクリックし、 申請者の名前、生年月日、パスポート番号、パスポート発行国を入力することによって検索することが可能です。

Q8. 乳幼児でもESTAは必要か ?

A8. 必要です。年齢、航空券の発券の有無にかかわらず、アメリカビザ免除プログラムを利用して渡航される方全員のESTAによる渡航認証の申請▪取得が必要となります。

Q9. ビザとは違うのか ?

A9. 違います。ESTAはビザ免除プログラムを利用して、アメリカへ渡航できるかどうかを事前に申請し、渡航認証を取得するためのものです。

Q10. ESTAによる申請の際に間違った情報を入力した場合はどうしたらよいですか ?

A10. パスポートの記載情報、または伝染病、逮捕歴、犯罪歴、ビザの取消しや強制送還歴の有無などの適性に関する回答を間違って申請をし、渡航認証を取得した場合、改めて新しい申請を行ってください。また、保留になった後に渡航認証を取得した場合も同様です。拒否となった場合は、10日前後経過後に、改めて申請をすることができます。

Q11. ESTAによる渡航認証の回答が「保留」になった場合はどうしたらよい ?

 A11. ESTAによる申請後、72時間以内に回答を確認することができます。ESTAのウエブトップページ右側の「米国への渡航認証を以前提出した場合の更新または状況確認」の欄に申請番号、生年月日、パスポート番号を入力して、状況を確認してください。

Q12. ESTAによる渡航認証の回答が「拒否」となった場合はどうしたらよい ?

A12. ビザ免除プログラムによるアメリカへの渡航が許可されなかった場合、米国への渡航には、アメリカ大使館▪領事館にビザ申請を行う必要があります。ビザ申請に際しては、ESTA登録が拒否された原因を考慮してより慎重なビザ申請手続きが必要です。詳しくは、アメリカ大使館▪領事館へお問い合わせください。 ››› アメリカ大使館サイト

Q13. ESTAによる「渡航認証許可」のページを印刷し、現地に持参する必要か ?

A13. アメリカ入国審査の際に、提出する必要はありません。申請番号、有効期限日確認のためにも印刷をして、控えておくことをお薦めいたします。

Q14. クレジットカード決済が出来ないときには ?

 A14. クリエイト▪エムが利用しておりますシステムはお客様のパソコンのセキュリティ環境やご利用のプラウザによってはご利用いただけない場合がございます、ご利用のパソコン或いはご利用のクレジットカードを変えて再度お手続きを試みて下さい。それでも解決しない場合は誠に恐縮ですが銀行振込でのお支払いをお願いしております。メール又はお電話にて振込銀行等お知らせしますのでご連絡下さい。

✱旅行会社の安心手続き▪日本語で簡単申し込み✱ ページトップへ

アメリカESTA申請お申し込み

アメリカESTA関連ページ

ページトップへ

  • サービスについて
  • クリエイト▪エムではアメリカ渡航に必要な電子渡航認証「ESTA:Electronic System for Travel Authorization」申理(登録)代行サービスを提供しております。お客様からの費用をお支払いいただいた後に迅速に申請(登録)を行い結果通知いたします。個人情報の取扱、ご利用規約ご同意いただいた上でのご利用をお願いいたします。万一、私どものサービスに不安を感じられる場合には、アメリカESTA公式サイトでUS$14.00で申請することが可能です。申請提出後はサービスの性質上キャンセルの場合は如何なる返金も受付致しかねます。
  • お支払い方法
  • 申請費用は¥2,700(1件/US$14.00ESTA実費込み)銀行振込又はクレジットカード(VISA▪MasterCard▪JCB)がご利用いただけます。クレジットカードのご利用に際しては、「GMOペイメントゲートウェイ株式会社」のシステムを利用しており、当社がクレジットカード情報お伺いせず決済処理会社へ直接送信される安全なシステムを利用しています。
  • クレジットカードの詳しいご利用方法