各国▪地域における新型コロナウイルス感染症に係る入国制限措置と入国後の行動制限措置に関する状況

03–6407–8705営業時間:10:00~17:00 定休日:土•日曜日•祝祭日

トップ > 各国▪地域における新型コロナウイルス感染症に係る入国制限措置と入国後の行動制限措置に関する状況

 新型コロナウイルス感染症により、お亡くなりになった皆さまに謹んでお悔やみを申し上げますとともに、罹患された皆さまに心よりお見舞いを申し上げます。また、治療あたる医療従事者の方々や感染予防にご尽力いただいている警察、消防、自衛隊、販売業の皆様に、心からの感謝と敬意を表します。弊社におきましても、可能な限り在宅勤務を徹底し感染拡大予防に努めてまります。弊社従業員に感染またはその疑いがある場合、直ちに所管の保健所の指示に従い、また濃厚接触者の把握や消毒などの対応をとります。ご不便をおかけしますが、新型コロナウイルス感染の事態収束を最重要事項ととらえ、何卒、ご理解いただきますようお願いいたします。

各国▪地域における新型コロナウイルス感染症に係る入国制限措置と入国後の行動制限措置に関する状況

2020年5月5日14:00更新

•これらの情報は、日本国外務省から発信された情報をピックアップしてお知らせしております。最新情報につきましては、日本国外務省又は各国大使館公式ホームページでご確認ください。また、掲載していない各国▪地域でも措置が取られていますので、ご注意ください。

〈最新情報を必ずご確認ください〉

⒈ オーストラリア
豪州人、豪州永住者及びその直近の家族並びに同国在住のニュージーランド人を除き、全ての者の入国を禁止する(トランジットも同様に原則不可)。
⒉ アメリカ
3月21日に米国疾病予防管理センター(CDC)が新型コロナウイルスに関する日本の旅行健康情報をレベル3(不要な渡航延期勧告)に引き上げたことにより、日本から米国への入国者は、入国後14日間、自宅等で待機の上、健康状態を観察し、周囲の者と距離を置くこと(socialdistancing)が求められる。
ハワイ
3月26日(木)から,州外からの全渡航者(ハワイ州居住民を含む)に対し14日間の自己検疫を義務づけ、違反者には、5千ドル以下の反則金又は1年以下の禁固のいずれか若しくは両方が科される。
グアム
3月31日から、グアムに空路及び海路で入国する全ての者に対し、グアム政府指定の施設において14日間の強制隔離が行われる。この措置は、新型コロナウイルスに感染していないことを証明する文書(㊟入国日から遡って72時間以内に発行されたもの)を所持していない場合に適用される。
北マリアナ
3月23日から、島外からの全渡航者(北マリアナ諸島住民を含む。)
アラスカ州
3月25日から、州外からの全渡航者(アラスカ州住民を含む。(に対し、14日間の自主隔離を義務づけ、違反者には、2万5千ドル以下の罰金又は一年以下の禁固のいずれか若しくは両方が科される。
⒊ カナダ
外国人の入国を禁止する(空路▪海路につき6月30日まで。乗務員、カナダ市民及び永住者の配偶者、外交官等は除く)。また、新型コロナの症状のある者については入国を禁止する。ただし、感染症状のある自国民及び永住権保持者の陸路及び海路での入国は許可する(空路は不可。飛行機搭乗前に健康診断を実施する)。
⒋ ニュージーランド
3月20日から、自国民及びその家族等を除き、ニュージーランドに向かう航空機への搭乗を禁止する。また、外国人の国際線乗り継ぎを禁止する。
⒌ スリランカ
3月19日4:00から4月7日23:59まで、スリランカ国内の全ての国際空港に到着する商用便の受け入れを停止する(ただし、出発便(ストップオーバー及び乗り継ぎ含む)▪貨物便▪人道的フライト等の運航は許可する)。 また、全ての種類の入国査証の発給を一時的に停止するとともに、未入国の外国人に発給済の電子査証▪入国査証▪上陸許可▪数次査証及び滞在査証を含む全ての査証の効力を一時的に停止する。
⒍ ベトナム
3月22日から、全ての国▪地域からの外国人の入国を停止。(ただし、専門家、企業管理者、高技能労働者等は例外あり)。
入国後に行動制限措置
3月22日から、入国する全ての者に対し、独立した区域での検査、強制医療申告及び隔離を実施する。
⒎ キューバ
4月1日から、海外からの渡航者の上陸を禁止する(㊟人道的なフライト、貨物及び供与は除く)。
⒏ ブラジル
3月30日から5月27日まで、全ての外国人渡航者の空路での入国を、3月19日から5月28日まで、全ての外国人の陸路での入国を禁止する。
⒐ ロシア
3月18日から5月1日まで、外交官、ロシア居住者及びロシア国籍者の配偶者▪子供等を除く全ての外国人▪無国籍者を対象として、ロシアへの入国を一時的に制限するとともに、ロシアの大使館▪領事館における査証申請の受理,作成及び発給を停止する(電子査証の作成の停止も含む)。3月27日から、ロシアの空港と外国空港との定期便▪チャーター便の運航を停止する(外国から帰国するロシア国民のための航空便及びロシア政府の個別の決定に基づく航空便は例外)。
⒑ インド
3月22日から5月17日まで、国際民間旅客航空便のインドへの着陸を停止する。また,すべての国境における人の入国を禁止する。
⒒ カンボジア
3月31日から、全ての外国人渡航者に対し、査証免除、並びに観光査証、e-visa及び到着査証の発給を1か月間停止する。入国を希望する場合、海外のカンボジア大使館▪総領事館等で、事前に査証を取得しなくてはならない。また、入国時に、カンボジアに向けた渡航の72時間前以内に日本の保健当局から発行された、新型コロナウイルスに感染していないことを証明する健康診断書、及び保険金額が5万米ドル以上の保険証書を提示しなくてはならない。
入国後に行動制限措置
3月31日から、全ての入国者は、入国する際に健康診断やスクリーニングを受けなければならない。また、全ての入国者は、強制隔離、検疫、その他のウイルス封じ込めのための方策等、カンボジア保健省の指示に従わなければならない。
⒓ ウズベキスタン
3月16日から、他国との全航空便の停止、国境自動車道の閉鎖を含む全ての国境の閉鎖措置及び出入国の停止措置をとる。ただし、ウズベキスタンに既に滞在する外国人(日本人を含む)の出国は例外的に認める。
⒔ ベラルーシ
3月26日から、感染者が確認された国(㊟日本を含む)からの渡航者(外交団、トランジット目的等は除く)は入国後14日間の自宅隔離が義務づけられる。

【関連ページ】

【関連サイト(外部サイト)】

ページトップへ

このウィンドウを閉じる